2020.07.29

湧ゆう通信

雨にうたれて美人になる

吉野杉建材用材が入荷。
梅雨入り前に野外に立て雨にうたせます。
根元(元口)を上に板の方(末口)を下にします。

こうすると、杉の渋が抜けて木の狂いが少なくなり、赤味の色が一層冴えます。
渋とは何なんでしょうか。木材成分であることは間違いないのですが、よくわからない。
でも、これは古くから行われている方法で、雨ざらしにした杉と、そうでない杉は美しさ、光沢がまるで違います。
杉は雨にうたれて美人になります。