いろいろな木工材料

弊社では、たくさんの種類の広葉樹・針葉樹を扱っています。

小さな木端から、2m以上の木工材料まで置いてあります。

ご希望の材料がありましたら樹種・サイズなどお気軽にご連絡ください。

【樹種例】

トチ、クリ、カエデ、サクラ、チェリー、タモ、ナラ、セン、ウォールナット、赤松など40種類以上の樹種を取り扱っています。

 

●栃(トチ)

トチノキ科  

比重:0.52 

散孔材 

乾燥や加工が容易で、表面の仕上がりも良い。心材(赤身)を利用する木が多い中、栃は白太部分を使う。建材、家具、お盆やお椀などの食器に利用される。桧枝岐では蕎麦のこね鉢を栃で作る。

 

●ブナ 

ブナ科  

比重:0.65  

散孔材

柾目面に赤みがかった特有の斑点がある。材質は硬くて、粘りがあり、弾力性に富む。曲げやすく、薄くして使え、接着がしやすい。フローリングや家具、器具など幅広く利用されている。楢 (ナラ)

ブナ科

比重:0.68  

環孔材

柾目面には帯状に虎斑杢があらわれる材がある。硬いので加工はやや困難だが仕上がりは良い。ウィスキーなどの洋酒の樽に使われるので有名。建材やフローリング、家具などに使われている。

 

 

●栗 (クリ)

ブナ科  

比重:0.60  

環孔材 

弾力性に富み、狂いが少ない。耐朽・保存性はきわめて高く、水湿に耐える。表面の仕上がり具合は良。家の構造材、家具全般や食器などの器具、彫刻用材に用いられる。

 

●栓(セン)

ウコギ科 

比重:0.52 

環孔材 

木目がはっきりしていて、肌目は粗いが美しい。比重のわりに強く、切削・加工は容易。特に木目のつんだものをヌカセンといい、加工しやすく狂いも少ない。

 

欅 (ケヤキ)

ニレ科  

比重:0.69  

環孔材 

木目は明瞭で美しい。強度があり、耐朽性に優れる。重くて硬いが加工は容易。弾力性があり、曲げにも強い。社寺仏閣から建材、内装材、家具、器具などに用いられる。

 

楡(ニレ)

ニレ科  

比重:0.63  

環孔材 

重くて硬く、強靭。切削・加工はやや困難であるが、曲げに強いので、曲木には適している。瘤(こぶ)や根に近い箇所には特に美しい杢がでる。

 

 

●桜(サクラ)

バラ科  

比重:0.60  

散孔材 

肌目は緻密、均質で、カバ類の材と性質も見た目も非常によく似ている。やや重厚で粘りがあって強い。磨くだけで光沢がでる。高級家具、楽器などに使われる。

 

 

●樺(カバ)

カバノキ科  

比重:0.67  

散孔材

緻密な肌目に光沢があり、硬くて強い。加工性、着色性がよく、狂いも少ない。高級家具や内装材として広く利用されている。

 

 

板屋楓(イタヤカエデ)

カエデ科  

比重:0.65 

散孔材 

木材としては堅い方で、割れにくく、粘り強く、傷がつきにくい。建築材では杢を生かして床柱や床框などに使われ、家具材、楽器材としても使われます。

 

 

●赤松(アカマツ)

マツ科  

比重:0.48 

樹脂分が多いので、手入れをよくすると飴色になる。重厚で、加工性は中位。建築材としては強度を必要とする箇所に使われる。節